医学的に効果

筋トレ 食事 睡眠 超回復 ダイエット

効果4選

@医療問題

 

筋トレ

 

生活習慣病の改善

 

医療費削減

 

 

 

A介護問題

 

筋トレ

 

健康寿命が延びる

 

介護需要が減る

 

 

 

B少子化

 

筋トレ

 

セクシーな男、プリケツ女子増加

 

恋愛市場活性化

 

結婚

 

子供

 

 

 

 

 

 

 

C経済活性化

 

筋トレ

 

テストステロン値UP

 

やる気活力の向上

 

生産性の向上

 

予防医学

筋トレは

 

もっとも優れた予防医学の一つ

 

身体と健康とういう

 

現金換算したら

 

数億円に値する

 

 

生活習慣病や老いから

 

最も効率的に守る保険

 

 

人生を謳歌できる

 

 

 

 

睡眠

睡眠の恩恵は

 

自律神経やホルモンバランスの調整

 

免疫力の向上

 

挙げればきりがなく

 

睡眠が不足するとすべてが崩れだす

 

 

睡眠は最も費用対効果の高い

 

自己投資

 

 

 

 

筋トレは予防医学

 

生活習慣病やうつ病になるリスクを

 

確実に減らす

 

 

 

 

 

筋トレは健康にポジティブな影響を与える

 

 

 

高強度(高重量)の筋トレをすると

 

骨密度が増加する

 

 

 

 

週に2回以上筋トレをしている人は

 

そうでない人よりも

 

ガンに関連する死亡率が

 

30%低い

 

 

これは8万人を対象にした

 

様々な疾患に起因する

 

死亡率と筋トレの関係の調査による

 

 

 

 

筋トレと有酸素運動を組み合わせることで

 

より大きな死亡率の低下が期待できる

 

 

 

 

 

 

WHOの指針

WHOの指針では

 

筋トレについては

 

18歳から64歳の場合

 

中程度の身体活動を週に150分以上

 

高強度の身体活動であれば週に75分以上

 

を推奨しています

 

 

 

いわゆる有酸素運動については

 

1回あたり10分以上で

 

中程度なら週に300分以上

 

高強度であれば150分以上

 

を推奨しています

 

 

ところが

 

グローバルスーパービジネスエリートは

 

なんと筋トレ時間が

 

 

週800分

 

 

忙しいビジネスパーソンこそ

 

筋トレをしています

 

 

 

 

 

筋力レベルが高い人は

 

筋力レベルが低い人より

 

20%〜30%死亡率が低い

 

 

2008年に20歳から82歳の約8000人の男性に対して

 

行った研究結果より

 

 

他にも、死亡率の調査では

 

BMIが5上がるごとに

 

死亡率が10%上昇する

 

 

BMIとは

 

身長と体重の関係から算出する数値