筋トレ生活術

筋トレ 食事 睡眠 超回復 ダイエット

筋トレライフバランス

筋トレは
「筋トレは食事をとってから90〜120分後にやるのがベスト」
と言われている。

 

その間に食事の消化・吸収が進み、
体が筋トレに向けてベストな状態に仕上がっていく

 

 

朝食の分解・吸収を待っている90分間
この時間を一切無駄にしない
というか
一日で最も有意義な時間にする
実はこの90分間の使い方こそが
一日を大きく左右する

 

 

90分を使って
猛烈な集中力とスピードで仕事をする

 

 

 

 

 

 

朝は寝てる間に頭の中が整理されて
一番さえている時間だ
高い集中力をキープできるから
単純作業より新しい企画や新事業を考えるような
クリエイティブな作業があっている

 

 

タイムリミット
集中力をさらに高めて
素晴らしいアウトプットする
最大の手助け

 

 

 

 

タイムリミットをつくる
時間の濃度を変える

 

 

 

人間は「絶対にやる!」と決めたことでも
時間が経てば経つほど
「やらない理由」を探してしまう

 

 

ダルいから後回しにしていると
やらない理由に脅かされてしまう

 

 

 

朝は誰にも邪魔されない時間だ
計画というのは確実に遂行出来なければ
意味が無い

 

 

 

毎日の行動を
習慣化する

 

 

 

誰にも邪魔されずに
確実にプランが遂行できる朝を
最大限に活かす快感と効率の良さを
一度知ったらやめられない

 

 

 

筋トレは人生の問題を
すべて解決する

 

 

身体つきは変わるし、
テストステロンという男性ホルモンの影響で
自信や闘争心も出てくる

 

筋トレを続けていると
精神的にも肉体的にも
見違えるほど
自分が変わる

 

 

 

規則正しい生活が
病みつきになる

 

 

1〜2週間もすれば
体内時計がセットされ
目覚ましなしでも
朝は起きられる

 

 

しんどくても続けていれば
習慣になるし、
習慣化さえすれば、
しんどさがウソのように
楽になる

 

 

 

まずは踏ん張って頑張る
一度腹をくくって決めたことは
3週間くらいで音を上げるな

 

 

 

徹夜するぐらいなら一度寝る
寝ている間に成長ホルモンが出て
筋肉の回復を早める

 

 

仮眠レベルの睡眠でも
起きたときには頭がスッキリ
集中力は回復

 

 

 

人間は
「選択すること」に
膨大な時間を費やしている
答えは簡単
選択する機会を限りなく減らす
具体的には
日々をルーティン化

 

 

 

 

人間は基本的には怠けもの
目標があってもの精神力だけでは継続できない
だったら、仕事の疲れや誘惑の少ない時間に
やりたいことを組み込み
生活の一部にする

 

 

 

日常に潜む選択の時間を
ルーティン化によって排除
それだけで膨大な時間をセーブでき
その分のリソースを
大事なことに割くことが出来る

 

 

 

食事を栄養を摂取する手段と考えたら
毎日のメニューを変えるより
同じ食材で同じメニューである方が
確実だ

 

 

 

食事のルーティン化によって
得られる成長の楽しみが
食事の楽しみを上回る

 

 

 

 

1回食べ過ぎただけで
これまでの努力が水の泡にはならない
長い目で見て
リズムを保ち続ける

 

 

 

日々、頑張り続けるには
上手なリラックス方法を身につける

 

 

 

ランチ後の眠気に襲われる経験
この眠気には血糖値が大きく影響している
低G1の食べ物を食べる

 

 

 

スランプになると
「このままじゃダメだ」
「今のやり方は間違っているかもしれない」
自分を冷静に見つめ直すきっかけになる
知識を学ぶ

 

 

 

 

ガラスをイメージしてほしい
いくら殴っても割れる気配のしないガラス
ひとたびヒビが入れば
一気にバリーンと割れる
ブレイクスルー

 

 

 

企業のマーケティングで使われるKPI
(重要業績評価指標)
モチベーションを保つために
なるべく多くのKPIを用意

 

 

 

とにかく成長を実感できる数値を
いっぱい用意して
ちょっとでも伸びたら
自分を褒めてあげる

 

 

 

社会から認められるラベルをつける
君の経歴は相手を黙らせるくらいがちょうどよい
とにかく言えることは
圧倒的な差を見せろ

 

 

 

自信が無いという理由で
チャレンジを躊躇する人
自信を付けるために
「自分でできた」という
経験を積み重ねる

 

 

 

何事にも押さえるべき基本
基本を押さえないで
他のことをいくらがんばっても
結果は出ない
重要なことは
基本である

 

 

 

 

優先順位の付け方で
仕事が出来るかどうか決まる
何から取りかかるか
見極める能力が
仕事の能力を決める
重要なポイントは
時間効率を考えること

 

 

 

筋トレの押さえるべきポイント
最初は細かいことをいわず
ビッグ3(スクワット、デッドリフト、ベンチプレス)
をやることが
王道だ!

 

 

 

 

目標を達成するために
何が一番重要か
見極めてから取りかかれ
絶対に時間効率がいいから

 

 

 

 

筋トレって身体にいいの?
疑っている人に言いたい
おのオバマさんが死ぬほど忙しい
大統領時代にもやっていたらしい
筋トレ

 

 

 

自分でしらべなくても
トップレベルの人の行動を見れば
その行動に価値があるのか
一目瞭然だ!

 

 

 

一つのことを突き詰めて
100点を目指すのもいいが
時間は有限
自分の能力を五角形の能力として
総面積を広げろ

 

 

 

費やした時間はウソをつかない
正しい努力を続けていけば
必ずレベルアップするし
決して君を裏切ることは無い
モチベショーン維持のために

 

 

 

何かを始めるきっかけは
なんでもいい
続けるには
ルーティン化

 

 

時間は有限だ
生活にメリハリをつける
そのとき
時間効率を考える

 

 

自分を好きになるにはどうするか?
手っ取り早いのが容姿を整えること
あとは勉強も有効だ
勉強は筋トレと一緒で
やればやるほど必ず効果が出る
効果が出て自分がレベルアップすると
自分のことが好きになる

 

 

 

どうせ依存するなら
メリットの多いものを選べ
ストレス解消
精神安定
健康や自信もついてくる

 

 

 

仕事も勉強も同じだ
自分の理想とする道に進んでいるときは
筋トレで言うと
最後の2回を踏ん張れ

 

 

 

勉強もスポーツも
勝ちたいという姿勢と
目標設定が重要
君が休んでいる間に
ライバルは強くなっているかもしれない
それが許せるなら
君はすでに敗者だ

 

 

 

共感力は
職場の人間関係以外でも重要
相手が一番気持ちよく楽しく過ごせるかを考える
結果、自分が最高に生きやすい
環境を作れるからだ

 

 

 

やるかやらないかは
自分次第